大学入学を機に京都に暮らして、もうすぐ10年。いろんなところに行ったり体験したりしたけれど、今日は初めてのことに挑戦します。

それは、お父さんとの一日デート。お母さんと一緒に3人で京都を巡ることはあったけど、お父さんと二人なんてちょっと照れくさいけど楽しみだな。私とお父さんはカメラが好きなので、撮影にぴったりな場所に出かけようと思います。

9:00~ 京都駅到着

新幹線で到着したお父さんと改札で待ち合わせ。早速、自慢の一眼レフを首からさげて、お父さん、やる気満々だな~。「どこに行くんだ」、なんて言ってるけど私にまかせて!

バスで移動(京都駅→清水道)約20分
運賃:一日乗車券を利用して500円
下車して徒歩約5分

9:30~ 二寧坂周辺

画像1: istock

istock

朝から観光客でにぎわう二寧坂周辺へ。石畳の坂道は風情たっぷり。おみやげ屋さんも気になるけれど、お父さんはすっかり撮影モード。京都らしい風景を撮影したり、周辺に点在するお寺の参拝もできて、満足しているみたい。二寧坂から少し歩いて八坂道に行き、五重塔を背景に二人で記念撮影。お父さんと一緒に写真を撮るなんて何年ぶりだろう。そして、インスタで人気のお店でコーヒーを注文。ここは私のおごりです!

バスで移動(東山安井→東山三条)約20分
運賃:一日乗車券を利用して500円
下車して徒歩約5分

12:00 三味洪庵

ちりめん山椒や西京漬けで知られる「三味洪庵」は、創業150年以上の老舗。築100年以上の古民家を改装した店内で、白川を眺めながら食事や喫茶を楽しむことができます。この間、友達と訪れておいしくてロケーションも抜群だったので、お父さんを連れてきたかったんです。「京おぞよ蕎麦御膳」は、お蕎麦や西京味噌焼のほか、季節を感じる京都らしいおかずを少しずついろいろ食べられて彩りもきれいです。普段はごはんの写真を撮らないお父さんだけど、思わずシャッターを切っていました。小川のせせらぎを聞きながらゆったりとした贅沢な時間。あまりお父さんと話したことがなかった仕事の相談もしてみたり……。友達と話しているのとは違う意見がもらえてハッとすることもありました。やっぱりお父さんはすごいなぁ。

三味洪庵

京都市東山区三条通北裏白川筋西入石泉院町393
075-771ー0952
11:00~20:00
月曜休み(祝日の場合は火曜休み)

徒歩約5分

14:00 岡崎エリア

画像2: istock

istock

食後は、美術館や動物園、神社などが集まる岡崎エリアを散策。気になる展示があったので美術館に入ってみました。お父さんは写真のほかにアートや建築も好きなので、このあたりはすごく楽しそうでした。レトロな建築の建物や、青空に映える神社の大きな鳥居、きれいだったし写真を撮るのも楽しかったな。私のリクエストでおしゃれな書店にも立ち寄って写真集やアートブックを見て、創作意欲も高まりました。

バスで移動(岡崎公園→川端二条)約10分
運賃:一日乗車券を利用して500円
下車して徒歩約3分

16:00 鴨川(二条)

画像3: istock

istock

京都のフォトスポットといえば鴨川は外せません。二条大橋あたりの鴨川の河川敷は人もあまり多くなく、私もよく訪れる場所です。そしてちょっと楽しいのが飛び石で向こう岸に渡れること。京都らしい千鳥の形をした飛び石もあって、写真を撮影にもぴったり。私もぴょんぴょんと飛び石を渡っていたら、お父さんがこっそり撮影していたみたい!ちょっと恥ずかしいけど、子どもの頃に戻ったみたいでなんだか懐かしい。

地下鉄で移動(京都市役所前→京都駅)約15分
運賃:260円

17:30 京都駅

お父さんが新幹線に乗る前に、京都駅にある昔ながらの喫茶店でコーヒータイム。お父さんのカメラを見ていたら私も一眼レフが欲しくなったと話したら、今度おさがりをくれると約束してくれました♪ そして、「今日はありがとうな」とお父さんがバッグから取り出したのは、私が岡崎の本屋さんで見ていた写真集!ちょっと待って、私もお父さんに写真集をプレゼントしようと思って買ってるんだけど。「こういうところが親子だな~」なんて笑い合って、楽しい父と娘の一日旅は終わりました。「また来るよ」と手を振るお父さん。次もお父さんがよろこぶ場所に案内できるように、いろいろ調べておこう!

記念になるお祝いの場をお探しの方へ

センスのある贈り物をお探しの方へ

This article is a sponsored article by
''.