「両親がもうすぐ65歳の誕生日を迎えるけれど、今年は何をしてあげようか悩んでいる」という方の中には、「キリの良い年齢だし、いつもとは違う祝い方をしたほうが良いだろうか、それとも、いつもと同じ祝い方で良いだろうか」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、60歳〜64歳のお父さん・お母さんに、65歳の誕生日祝いをいつもと違う祝い方にすることについてどう思うか、祝ってもらえるならどんなことをしてほしいかなどを聞いてみました。
65歳の誕生日を控えたお父さん・お母さんは、どのように考えているのでしょうか?

いつもと違う祝い方について、親御さんはどう思っているの?

最初の質問は、お子さんが65歳の誕生日に「普段の誕生日とは違う特別な祝い方」でお祝いしてくれたらどう思うかというもの。
「新鮮でよりうれしい」と感じてくれる方と、「なんだか申し訳ないし気恥ずかしいからうれしくない」と感じる方と、どちらのほうが多いのでしょうか?

画像: いつもと違う祝い方について、親御さんはどう思っているの?

最多回答となったのは「どんな祝い方であれ、祝ってくれること自体がうれしい」という回答でした。「よりうれしい」と答えた方も多く、いつもとは違う特別な祝い方に対して肯定的に捉えている方が圧倒的多数であることが分かります。

65歳の誕生日をいつもと違う祝い方にしてほしい?

続いての質問は、65歳の誕生日にいつもと違う祝い方をしてほしいかどうかについて。
特別なお祝いをしてほしいお父さんお母さんと、してほしくないお父さんお母さん、どちらが多数派なのでしょうか?

画像: 65歳の誕生日をいつもと違う祝い方にしてほしい?

「とてもそう思う」「少しそう思う」の合計が43.5%、「あまりそう思わない」「全くそう思わない」の合計が24.2%と、特別なお祝いをしてほしいお父さんお母さんが多数派という結果になりました。

では、お父さんお母さん方は、なぜそのように思ったのでしょうか。続けてその理由を尋ねました。

「とてもそう思う」と答えた理由

・5歳刻みでキリがよいので、できたらお祝いしてほしい。(愛知県/65歳/女性)
・どんなお祝いの仕方でもうれしいが、特別な感じがあったらよりうれしいと思う。歳をとるとだんだん祝うチャンスが少なくなるから、よりうれしい。(東京都/62歳/女性)

「少しそう思う」と答えた理由

・65歳が定年なので。(大阪府/60歳/男性)
・年金がもらえる年ということで、人生のキリが良い年なので少しは変わったことをしてくれるとうれしい。(岐阜県/63歳/女性)
・子供が遠くにいて日頃会えないので、こういうキリの良い時にはみんなで集まれたら嬉しいから。(三重県/60歳/女性)

「どちらともいえない」と答えた理由

・いつもと同じでいいし、その気持ちだけで嬉しい。(大阪府/61歳/女性)
・60歳の還暦で特別なお祝いをしてもらったので、65歳はいつもと同じでいいし、祝ってくれるということがうれしい。(神奈川県/60歳/女性)

「あまりそう思わない」と答えた理由

・皆忙しいから。(北海道/63歳/男性)
・気持ちは嬉しいが、恥ずかしさを感じる。まだ若い気持ちがあるので。(宮城県/62歳/男性)

「全くそう思わない」と答えた理由

・いつもと同じでよい。(島根県/64歳/女性)
・祝ってもらえるだけで充分なので、特別なことで負担をかけたくない。(神奈川県/61歳/男性)

いつもと違う祝い方をしてほしいと考えている方の意見では「65歳で定年退職だから」「年金受給者になるから」といったものが目立ちました。60歳が大きな節目というイメージはまだまだ強いですが、定年退職や年金支給開始の年齢が引き上げられたのに伴い、65歳が節目の年だと感じている方が多いことが伺えます。

また、いつもと違う祝い方をしてほしくないと答えた方の多くは、祝ってくれるお子さんに時間的・金銭的な負担をかけたくないという思いや、気恥ずかしさを感じるといった気持ちをお持ちのようでした。

65歳の誕生日には、どんなことをしてほしい?

では、65歳の誕生日はどんなことをしてもらえたらうれしいと考えているのでしょうか?

画像: 65歳の誕生日には、どんなことをしてほしい?

最多回答となったのは、半数近くの方が答えた「一緒に食事をしてほしい」という回答でした。
「プレゼントだけだと普段通りで特別感がない、だけど旅行は負担が大きいし…」といった考えから、ちょっと特別感のあるお祝いとして食事会を選んだ方が多いのかもしれませんね。

続けて、食事のメニューや旅行先など、お祝いの具体的な希望を伺いました。

食事の具体的な希望

・お寿司をお腹いっぱい食べたい。(北海道/62歳/男性)
・懐石料理など、普段は食べないが好きな豪華な料理。(大阪府/61歳/女性)
・おいしいフランス料理を食べに行きたい。(福岡県/60歳/女性)
・みんなでつまめてワイワイ楽しめる食事会にしたい。(宮城県/60歳/男性)
・今は妻と2人で生活しているので、子供・孫全員が揃っての賑やかな食事会が嬉しい。(大阪府/64歳/男性)

旅行の具体的な希望

・近場でいいので、温泉旅行に行きたい。(東京都/64歳/女性)
・ハワイとかにみんなで行ってみたい。(大阪府/60歳/男性)

プレゼントの具体的な希望

・ジョギングシューズやウエアーが欲しい。(宮城県/61歳/女性)
・自分では買わないおしゃれなエプロン。(福岡県/63歳/女性)
・お酒好きなわたしとしては、やはり美味しい日本酒や、飲んでみたいけど普段口にすることのないお酒が嬉しいかも!(秋田県/62歳/男性)

食事のメニューで特に人気だったのは、お寿司や懐石料理でした。その他も中華やフレンチのフルコースなど、普段の外食よりも豪華で特別感のある料理を食べたいと考えている方が多いようです。
また、メニューの希望ではなく、家族みんなで集まって食事を楽しみたいという意見も多数。やはり節目のお祝いには、子どもや孫の顔を見たいと考えるお父さんお母さんが多いのでしょうね。

旅行の行き先は、温泉が一番人気でした。一方で、ハワイや沖縄などの南国リゾートに行きたいという方もちらほら。65歳は体力的にもまだまだ若い方が多いことが伺えますね。

おわりに

今回のアンケートでは、65歳の誕生日にいつもと違う祝い方にすることに対して「うれしい」と感じるお父さんお母さんのほうが多く、半数近くの方がお祝いに一緒に食事をしてほしいと考えていることが分かりました。

子どもからしてみると60歳の還暦のほうが大きな節目のように感じるかもしれませんが、定年退職や年金受給のタイミングが重なる65歳を1つの節目として捉えている方は多いようです。
お父さんお母さんの65歳の誕生日が近づいているなら、ちょっと特別なお祝いを考えてみてはいかがでしょうか。

調査概要

調査区域:47都道府県
調査方法:インターネットリサーチ
実施期間:2019年02月26日〜2月27日
有効サンプル数:223(自分の子どもに65歳の誕生日を祝ってもらえたらうれしいと思っている60歳〜64歳の男女)

記念になるお祝いの場をお探しの方へ

センスのある贈り物をお探しの方へ

This article is a sponsored article by
''.