十干十二支(じゅっかんじゅうにし)と呼ばれる60通りの干支にちなんで、全ての干支が巡った60年を「もう一度初めの暦に還る」とし、60年生きたことを祝う還暦祝い。
もし、近々還暦を迎える親がいるのであれば、ぜひ還暦祝いの品物をプレゼントしてはいかがでしょうか。

今回は、還暦祝いにふさわしいおすすめのギフトを4種類ご紹介します。

還暦祝いといえばやっぱり赤いちゃんちゃんこ?

還暦祝いといえば、赤いちゃんちゃんこが有名です。
赤いちゃんちゃんこは、もともと赤ちゃんに着せる羽織でした。昔は赤が魔よけの色とされていたため、赤ちゃんを悪いものから守るために赤い色が使われていたようです。
還暦祝いでこの赤いちゃんちゃんこを着るのは、還暦が「もう一度生まれたときに戻る」という意味を持つため。
還暦を迎えた方に赤いちゃんちゃんこを贈り、今までの労をねぎらい、これからの長寿を願うのです。

しかし、還暦祝いに必ずしも赤いちゃんちゃんこを贈らなければならない、というわけではありません。
また、「もっと実用的なものをプレゼントしてほしい」「ちゃんちゃんこは年寄り扱いのようで嫌だ」という考えを持つ方も増えています。
親が赤いちゃんちゃんこをどのように思っているのかを確認しておいたほうが良いかもしれませんね。

▼関連する長寿のお祝いコラム

還暦祝いにおすすめの「赤い」ギフト

画像1: istock

istock

人生100年時代といわれる現代では、60歳はまだまだ現役世代と考えている方も多いです。
そのため、赤いちゃんちゃんこよりも、実用的なギフトのほうが喜ばれることも。
そこで、還暦を迎える親におすすめの「赤い」ギフトをアイテム別でご紹介します。

帽子

普段、帽子をかぶることが多いお母さんには、日よけにぴったりの布製のサファリハットや、おしゃれなベレー帽などをプレゼントしてはいかがでしょうか。
お父さんにプレゼントするならキャップやハンチング帽でも良いですね。
還暦祝いだからといって全体が真っ赤な帽子を贈ると日常使いが難しい場合もあるため、ワンポイントで赤が入っているものを選ぶと良いかもしれません。

帽子の価格相場は、安いもので2,000円程度、高いもので1万円程です。

財布

お父さんやお母さんがいつも使っている財布をチェックして、二つ折りやがま口など、どの形が使いやすいのか事前にリサーチしましょう。
価格相場は、本革だと1万〜2万円程度です。
人生の節目ともいえる還暦祝いのプレゼントなので、せっかくなら長持ちする上質な素材のものを贈ってあげてくださいね。

ビニール傘にはない高級感や大人な雰囲気が素敵な大きめの傘や、持ち歩きに便利で実用的な折りたたみ傘は、親へのプレゼントにもぴったり。
お父さんにプレゼントするなら、男性でも使いやすいように、えんじ色などの渋めの色が良いでしょう。
お母さんへのプレゼントなら、日傘としても使えるように紫外線カット率の高い晴雨兼用の傘がおすすめです。

傘の価格相場は、安いもので1,500円程度、高いものは2万円程です。

スポーツ用品

趣味でゴルフをするお父さんには、ゴルフボールも喜ばれそうです。
赤い色のゴルフボールはインパクト抜群で、プレイ中に見つけやすいのが特徴。広いゴルフ場でも重宝しそうですね。
ウォーキングが趣味のお父さんやお母さんには、普段使いもしやすい、赤い色が入ったスポーツタオルやシューズはいかがでしょうか。

価格相場は、ゴルフボールが3個で3,000〜4,000円程度です。
スポーツタオルは安いものなら100円台からありますが、還暦祝いのお祝いならやはり質の良いものを贈りましょう。
有名スポーツメーカーや有名ブランドのギフト用スポーツタオルは3,000〜5,000円くらいの価格帯のものが多いようです。
シューズは、1万〜2万くらいの価格帯だと選択肢が多いためおすすめですよ。

▼関連する長寿のお祝いコラム

おわりに

画像2: istock

istock

今回は、親の還暦祝いにおすすめの赤いギフトを、アイテム別にご紹介しました。
両親の好みや普段の暮らしから、ぴったりのプレゼントを見つけてくださいね。

また、還暦祝いの赤いギフトで60歳をお祝いするとともに、今まで育ててくれた感謝の気持ちを伝えましょう。
還暦のお祝いをきっかけに、普段話せていない将来のことをゆっくり話せば、親子の絆もさらに深まるのではないでしょうか。

記念になるお祝いの場をお探しの方へ

センスのある贈り物をお探しの方へ

This article is a sponsored article by
''.