長寿化が進む現代の日本では、還暦祝いをする60歳は「高齢者」というイメージが薄れつつあります。
そのため、現代における実質的な「初めての長寿祝い」は、70歳のお祝いである古希といえるかもしれません。

もし古希を迎える義理の両親や上司、恩師がいるなら、これを機にこれまでお世話になってきた感謝やねぎらいの想いを、手紙やメッセージカードにしたためてプレゼントとともに贈ってみませんか?

今回は、古希祝いに贈りたい、想いが伝わるメッセージの文例を贈る相手ごとにご紹介します。

画像1: iStock

iStock

義理の両親への古希祝いメッセージ

義理の両親へメッセージを贈るなら、礼儀は大切にしつつも、日頃の感謝やいつまでも元気に長生きしてほしい、という気持ちを素直につづると良いでしょう。

義父への古希祝いメッセージ

【文例1】
お父さん、古希おめでとうございます!
70歳という人生の節目を迎えられたこと、本当にうれしく思っています。
毎日のウォーキングを欠かさず、活気のあふれるお父さんに私たちもいつも元気をもらっています。
これからも健康に気をつけて、ますますパワフルで楽しいお父さんでいてください。

【文例2】
お父さん、70歳のお誕生日と古希、おめでとうございます。
日頃の感謝の気持ちを込めて、お父さんの好きなお酒を贈ります。
私たち夫婦も、来月帰省したときにお父さんと一緒に飲みたいなと思っているので、ちょっとだけ残しておいてもらえるとうれしいです。
それでは、来月会えるのを楽しみにしていますね。お母さんにもどうぞよろしくお伝えください。

義母への古希祝いメッセージ

【文例1】
お母さん、古希おめでとうございます!
いつも優しく私たち夫婦と子どもたちを見守ってくださるお母さんに、感謝の気持ちを込めてプレゼントを用意しました。
お母さんはおしゃれで活動的なので、「プレゼントするならやっぱりコレかな」と、子どもたちと相談して一緒に選んだバッグです。
今度、そのバッグを持って一緒にお出掛けしませんか?きっと子どもたちも喜びます!
また電話するので、そのときにでも相談させてください。

それでは、まずはお祝いまで。
まだ残暑が厳しい季節なので、お身体には気をつけてくださいね。

【文例2】
お母さん、この度は古希を迎えられましたこと、本当におめでとうございます。
私たちもお母さんの70歳のお祝いができて、うれしく思っています。

旅行や趣味をエンジョイしたりと、お母さんのエネルギーは以前にも増してパワーアップしているように感じられます。
私もお母さんを見習って、いろんなことにチャレンジして、いろんなことを楽しもうと思います!

これからも、みんなに元気を与えてくれる、明るくエネルギッシュなお母さんでいてくださいね。

画像2: iStock

iStock

上司への古希祝いメッセージ

会社でお世話になった上司に贈るメッセージの場合、趣味の話題や体調を気遣う言葉を入れるのがおすすめです。
上司との関係性にもよりますが、義理の両親に贈る場合よりも、丁寧な言葉遣いをするよう心掛けましょう。

【文例1】
○○様、この度はつつがなく古希を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。
定年退職後も、趣味の釣りやゴルフなど、活動的にお過ごしと聞き、大変うれしく思っております。
これからも変わらず元気に、毎日を健やかにお過ごしください。

【文例2】
○○社長、古希のお祝いを申し上げます。
入社以来、親身にご指導をいただいたばかりか、引退された後にも何かと相談に乗っていただき、感謝の念に堪えません。
ささやかではございますが、○○社長のお好きな○○焼の湯吞をお贈りいたします。

今後ともお身体に留意され、ますますご活躍くださいますよう心よりお祈り申し上げます。

画像3: iStock

iStock

恩師への古希祝いメッセージ

恩師には、お祝いの言葉と共に自分の近況や成長が伝わるようなメッセージを添えましょう。

【文例1】
○○先生、在学中は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年、先生が古希を迎えられると聞き、こうして筆を執った次第です。
古希という人生の節目をお元気で迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。
いつまでも健康で、そして私たちの目標でいてください。

【文例2】
○○先生、この度は古希という人生の節目を迎えられたと聞きました。心より、お慶び申し上げます。
私も先生のように尊敬される人間になれるよう、これからも先生の教えを胸に、日々精進して参りたいと思います。

それでは、○○先生の変わらぬご活躍・ご健勝をお祈り申し上げます。

画像4: iStock

iStock

関連する長寿のお祝いコラム

おわりに

現代の日本では、60代以上の世代は昔と比べて肉体年齢が10歳以上若いといわれています。
本格的なシニア世代の入り口となる70歳の古希祝いですが、それでもまだまだ元気な方は多いはずです。
還暦祝いのとき以上に健康や長生きを願うメッセージを織り交ぜつつも、お年寄り扱いをしすぎないような配慮も必要かもしれませんね。
今回ご紹介した文例を参考に、相手の方へと想いが伝わる、素敵な古希祝いのメッセージを贈りましょう。

記念になるお祝いの場をお探しの方へ

センスのある贈り物をお探しの方へ

This article is a sponsored article by
''.