「団塊の世代」と呼ばれるお父さん・お母さんの世代が、続々と古希を迎えています。
お母さんが古希(70歳)を控えているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、古希を控えた60代の女性の方221人に聞いた「古希祝いのプレゼント」に関するアンケートの結果をご紹介します。
お母さん世代の方は、どんなプレゼントが欲しいと思っているのでしょうか?

お母さんの古希祝いにおすすめのギフトランキング

ここでは、古希を控えた女性の方に聞いた「もらいたい古希祝いのプレゼント」に基づいて、お母さんの古希祝いにおすすめのプレゼントをランキング形式でご紹介します。

画像: お母さんの古希祝いにおすすめのギフトランキング

古希祝いにもらいたいプレゼント、1位は「お花」という結果に。
花束や鉢植えのほか、水やりしなくても色鮮やかな美しさが長持ちするプリザーブドフラワーなども人気です。

2位は服飾小物。
アクセサリーや服飾雑貨などは、毎日身に着けることができて邪魔にもならない点が人気の理由かもしれません。
毎日使いながら、思い出を振り返れるのもうれしいと感じるポイントなのではないでしょうか。

そして、3位は家電製品となりました。
欲しいとは思ってもなかなか買い替えるきっかけが掴めないのが、ご家庭で役立つ家電製品。
ご実家の家電でそろそろ買い替え時期が来るものがないか、またはお母さんのお悩みを解決できそうな家電はないか、日ごろからリサーチしておくと良さそうですね。

欲しいプレゼントの「具体的な希望」と「欲しい理由」

続けて、お母さんたちに「古希祝いのプレゼントに欲しい具体的な品物と、その理由」を聞いてみました。
ここでは、コメントの一部をご紹介します。

【お花】

・ガーデニングが好きなので、鉢植えの花が欲しいです。(石川県/66歳/女性)
・真っ赤なバラ70本の花束。今まで赤いバラの花束をもらったことがなくてずっと欲しくてたまらなかったため。(静岡県/65歳/女性)
・普段自分で買うことも、もらうこともないので。華やかな感じがする。(大阪府/66歳/女性)
・物はいらないので花が一番。(宮城県/69歳/女性)
・家族にあまり負担をかけたくないので、「花」ぐらいが一番お互いの気持ちも楽かなと。祝って貰って当たり前じゃ無く、お互いが良かったと思える範囲で♪(徳島県/66歳/女性)

▼関連する長寿のお祝いコラム

【服飾小物】

・普段は買えないおしゃれな帽子。(東京都/69歳/女性)
・真珠の指輪。長年欲しかったもの。(東京都/69歳/女性)
・自分では買えなかった高級時計、例えばロレックス。あこがれているから。(兵庫県/68歳/女性)

▼関連する長寿のお祝いコラム

【家電製品】

・掃除の手間を減らしたいから、ロボット掃除機が欲しい。(大阪府/68歳/女性)
・炊飯器。現在は夫婦二人暮らしでご飯を食べる量が少ないので、5合炊きぐらいの大きさにしたいと考えているため。(岡山県/67歳/女性)
・美容家電。肌のたるみ治療のために。(広島県/69歳/女性)

▼関連するギフトコラム

バラ70本の花束というロマンチックなプレゼントから、実用的なロボット掃除機や炊飯器といった生活家電まで、さまざまなプレゼントの希望が並びました。

日常生活をワンランクアップさせてくれるようなものや、前から欲しいと思っていたものを、古希祝いにお子さんからプレゼントしてもらいたいと考えている方が多いようです。

プレゼントを渡すときに喜ばれる演出は?

ここでは、「古希祝いプレゼントの渡し方」について聞いてみた結果をご紹介します。
「自分の手で渡しに来てくれる」「手紙やメッセージカードをつけてくれる」などの5つのシチュエーションについて、うれしいと思うかどうかを尋ねてみました。

お母さんたちは、お子さんからどんなシチュエーションで古希祝いプレゼントをもらえると、うれしいと思ってくれるのでしょうか。

画像: プレゼントを渡すときに喜ばれる演出は?

「これをしてもらえたらとてもうれしい!」と答えた方がもっとも多かったのは「自分の手で渡しに来てくれる」で、全体の約75%の方から支持を集めました。
古希祝いなどの特別なプレゼントは、宅配便などで届けてもらうより、やはり直接会って手渡ししてもらえたらうれしい、と考えている方が多いようですね。

反対に、もっともうれしいと思う方の数が少なかったのは「お金を出し合い高価なものを用意してくれる」という回答で、全体のわずか35%でした。
家族や親族でお金を出し合ってくれる気持ち自体はうれしく感じてもらえるかもしれませんが、「お祝いをしてくれるだけでうれしいから、プレゼントの値段は問わない」「あまり皆に金銭的な負担を掛けたくない」といった思いがあるのかもしれません。

プレゼント以外に「してほしい」と思っていることって?

さて、ここまでは品物を贈る古希祝いについてご紹介してきました。
ここからは「モノ」ではなく「コト」、つまり「してほしいこと」について聞いてみました。

60代のお母さんたちに聞いた「プレゼント以外なら、何をしてもらいたいか」について、ご紹介します。

画像: プレゼント以外に「してほしい」と思っていることって?

一番人気だったのは「一泊以上の国内旅行(温泉あり)」。
温泉つきの旅館やホテルでのんびりしたいお母さんが多いようです。

次点は「おいしいものを食べに行く」でした。
普段はなかなか足を運べないような名店で舌鼓を打つ……というお祝いも喜ばれるようですね。

具体的にどんなことをしてもらいたいか聞いた回答もご紹介します。

・温泉付きの宿で美味しい料理を食べてゆっくりしたい。(京都府/69歳/女性)
・温泉旅行に孫たちとも一緒にでかけたい。(愛知県/68歳/女性)
・いつも家での食事なので、おいしいものを食べに行きたい。(福岡県/66歳/女性)
・フランス料理のお店に連れて行って欲しい。(大阪府/66歳/女性)
・猫を飼っている為泊まることは出来ないので、日帰りで温泉に入りに行きたい。その時に好きなものを振舞って欲しい。(滋賀県/69歳/女性)

やはり「温泉」や「おいしいもの」は不動の人気です。
それらをまとめて「温泉宿で美味しい料理を食べたい」という意見も見られました。

▼関連する親孝行コラム

おわりに

今回は、60代のお母さんに聞いた「古希祝いのプレゼント」に関するアンケート結果についてご紹介しました。

古希祝いのプレゼントに欲しいギフトナンバーワンは「お花」という結果になりました。
「華やかで、もらうとうれしい気持ちになるから」といった理由もあれば「物はいらないから」といった声も。
品物をプレゼントする以外のお祝いでは温泉旅行や食事会などが人気だったので、古希祝いのプレゼントを何にするかお悩みなら、感謝の気持ちを込めた旅行やお食事のプレゼントも良いかもしれませんね。

調査概要

調査区域:47都道府県
調査方法:インターネットリサーチ
実施期間:2018年10月04日~10月06日
有効サンプル数:221(子どもがいる60代の女性)

記念になるお祝いの場をお探しの方へ

センスのある贈り物をお探しの方へ

This article is a sponsored article by
''.